読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駄文の溜まり場

最近なんでもすぐ忘れるので

ゴールデンウィーク映画

 

 

 

 

クレしん最新作

去年に引き続き、ゲストキャラが抱える悲しみに対してそこらへんの映画とは違った形の救済を提示してる。

去年というか、近年はずっとそれが通じてるなと。サボテンは観てないけど。

まず、異質であるもの(今回は宇宙人)を異質として扱わないこと。そこに優しさがあるなと。ロボとーちゃんでも、ラストでロボとーちゃんを同じ存在として認めて勝負するから泣けるんだよね。

何がどうで、どういうやつかというより。例えそれが宇宙人でもロボットであったとしても、そんな事実よりそこにある思いを野原家はいつも拾い上げているんだなと。

 

今回のやつネットではあんま評判よくないけどわたしは好きだったー。

ラストで安易に父と和解しないところがいい。和解できないことは切ないけれど、アニメの中でくらい関係は修復して欲しくはあるけどそれでもああいったラストにしたのは意味があるなと。

家族とわかり合えないなら、他のコミュニティに救いを見出したっていいじゃない。ってことなんだと思う。

家族が認めてくれなくて、他の人が認めてくれるのだったらそっちにいったっていいんじゃないのって。家族映画で家族を否定する(否定とはまたちがうんだけどうまく説明できない、、、。)すごい作品だった。

 

 

 

 

コナン最新作

平次がかっこよかった。最近アクションがすごくて、そのアクションがだいぶシュールでじわじわくるんだよね。でも観てるときはコナンくんかっこいい!平次かっこいい!ってなるのがコナン映画のすごいとこなんだよね。でも、観終わって冷静になるとアレ変だったなとか思ってじわじわくるんだよね。

テンションで乗り切る感じ、それにこっちも乗せられるっていうのは作品愛とシリーズという利点を生かしまくった荒技だなと…。

ただ、あの殺された先生とゲストキャラの紅葉さんの関係とか。先生が抱えてた初恋とかそれが報われなかったこととかもっと掘り下げてもいいんじゃないかと…。

今回は和葉映画だから、ライバルの紅葉さんがあまり目立っちゃダメだったんだろうけどそこでドラマを作れば(一応)作品の軸となる事件に深みができたのにな。

でも、いまのコナン映画にはそういうの必要ないんだろうなっていうのもわかる…。アクション路線もおもしろいし毎回だいすきだけど、今回はもう少し練ればすんごい奥深いコナン映画になるかもしれない要素がたくさんあった気がして、そういう路線になっててもよかったんじゃないかなとか思わされた。

でも平次と和葉と紅葉さんが最高に最高だから結局ひゃくてん〜。

 

次は灰原映画だったら個人的に嬉しい。